事業発展に寄与する統計解析力で精度の高い意思決定を支援

お客様それぞれの課題や目的に応じて最適な調査手法をご提供します。

事実ベースに基づいてビジネスを進めるためには、定性的な判断ではなく極力定量的に指標を得ることが必要です。

様々な調査手法を組み合わせ多面的に問題の本質に迫ることで、課題の所在や解決の糸口が立体的に明らかとなります。また、副産物として隠れたビジネス鉱脈を捉えることも可能となります。

当社の強みは調査で得られたデータを余さず使って“統計解析”出来る点にあります。
単なる2軸の“集計”では発見できない課題や事業の兆しを抽出し、事業発展に寄与する戦略立案に調査データを役立てます。

具体的には、一般的な調査会社に依頼した場合は「調査実施→集計→示唆」のレポートを得るかと思いますが、当社の場合は「調査実施→統計解析→示唆」というプロセスでレポーティングを行なっております。
 ※端的には、レントゲンではなくMRIを持っている会社と捉えて頂ければと思います

調査企画・設計から集計・分析まで一貫してサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。